友人の訃報

先週末、実家から突然の訃報が届きました。

実家から車で5分位の所に住む友人が亡くなったとの事。。。

あまりにも突然で、訃報だから突然なのは分かりますが

ここ数年の彼女の事を聞かされ、驚きを隠せないのと

なぜ、誰にも相談できなかったのか、悔やまれてなりません。

友達の中でも一番最初に結婚をし、子供を儲け、若くしてママになった

彼女に対し、羨ましく思う友人は多かったのに、

過ぎゆく生活に心が少し追いつかなかったのでしょう。

十数年前、心が少し病んだ時、犬を飼いたいからと相談を受け

マルチーズを飼い始めた彼女・・・

心を癒す為だった筈が、ワンコでも癒せないほどの闇を抱えていたのでしょう。

子供の運動会&役員の仕事のため、葬儀に参列する事もできず、

老体に鞭打ちながら、運動会が終わった翌日に自宅に伺いましたが

未だに彼女が亡くなった事が信じられません。

お母様とお話をする事ができましたが、眠るように穏やかな顔だったと

聞かされて、やっと重荷から解き放たれたのかな。。。と漠然と思うのと共に

亡くなってしまったから友達が一人居なくなったのではなく、

人の行きつく所は皆同じ、今は違う所に居るだけで、友達で或る事に

変わりはないのだと思っております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック